少佐と仙道のマビ人狼ブログ
まぁぶっちゃけ身内以外に公開する気ないし、製作者のオナニーなんで身内以外は見ないほうが良いよw
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカで垣間見る諸問題2
先日は付近のモールやらスーパーやらで色々と買い物をしてきました。
アメリカでショッピングといえばモールです。
K氏もショッピングはモールやろ、基本やからと言っておりました。
モールのテナントクラスになるとさすがに接客もしっかりしてるのですが、
例えばウォールマートみたいな大手スーパーでは接客で言葉を交わしません。
基本無言で最低限の処理をするだけです。
アメリカ人は超合理主義なので自分達の利益にならないことは基本しません。
スーパーでバイトで働いてる人から見れば、ウォールマート全体の利益などどうでもいいし
客からチップが貰えるわけではないので、より良い接客をしようとは考えませんし、
そのような接客指導もないでしょう。
レストランの接客になるとチップが絡むため話は大分違いますが。

ウォールマートとかのスーパーで感じたのは買い物袋の無駄遣いです。
ウォールマートでは回転する台座に買い物袋が何百枚も掛けられていて、
その中に商品を入れていく訳ですが、大して大きくないので
一つの商品に付き、一つの買い物袋にいれます。
今日は小物を含めて10個しか買ってないのに9袋に入れられました。
日本では買い物用の布袋持参を推奨してますし、
ウチのキャンパスでも今年から生協のポリ袋は有料になりました。
アメリカの世界一の売り上げを誇る小売店であるウォールマートが
環境保全を全く考えていないという事実に驚きました。
結局は穀物を石油の代換として使っているのも、
自国の運輸事情のためだけであり、環境に配慮しているという印象は全く受けません。
またトイレのエアータオルなどアメリカ発祥の物でさえ、日本の方が導入率が高く
アメリカでは空港のトイレですらペーパータオルです。

大国のアメリカの環境保護意識の低さを垣間見たような気がします。
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
ちょwwwwww
まさかのスパムコメントが1GETwwwwwww
周平もっとがんばれw

布袋持参がほていじさんに見えてしばらく???だったのは俺だけじゃないはず。はっしるーはっしるーおれーたーちー♪

アメリカの超合理主義と環境問題への意識の低さのギャップですね、わかります。
アメリカ人は根が単純なのか、信仰している神様が二元論が大好きだからなのか、経済合理主義を追い求めるばかりでそれによって生まれる不合理、矛盾には毛程の関心も示さないご様子。

バイオ燃料のようなどうみても資源の無駄遣いです、本当にありがとうございましたな事も自国の経済のためなら平気で合理的だとか何とか言って推し進めちゃいます。大国のエゴというか、なんというか、、、

例えば最近では、とある米国のセレブが環境問題に配慮するとかなんとかで環境保護グッズ?なにかは忘れましたがを超大量に空輸したのですが、
そのグッズによって軽減される大気汚染よりも空輸の際に航空機の排ガスや燃料によってもたらされる大気汚染のほうがはるかに大きかった、みたいなジョークのような本当の話も取り上げられていましたし。まあ2chでですがw

2008/09/02 (火) 11:15:04 | URL | 白光 #-[ 編集]
ええ、ほていじさんに見えますた。

環境についてはアメリカは京都議定書に賛成しなかったようだし偉そうなこと言うわりには自分のことしか考えてないということですな。

まぁ、K氏がショッピングはモールが基本やからと言うならいくらレジ袋を無駄使いしてようとそれが基本やからしょうがないww

そいや、福田首相が辞任しましたね。また政権投げ出し。あんま好きじゃなかったから構わないんだが、今後日本はどうなっていくのかね。麻生さんが首相になっても状況が改善される気がしないし大国アメリカの環境問題よりそっちが気になる今日この頃です。さっさと解散総選挙するお。
2008/09/02 (火) 17:08:23 | URL | ちゃぶらい #-[ 編集]
解散総選挙についてはアメリカでの報道、受け止められ方の情報が知りたいね。
日本ではまだ情報が足りないのか、マスコミも各政党の代表もとりあえず驚いたと言い、あとは所属団体の主張にそった当たり障りのない意見しか出てこない感じ。自民内部でも首相の会見は寝耳に水だったらしく、殆どの人はただ驚いた、としかコメントしてません。
自民党にとっては、このタイミングでの辞任表明は、もしかしたら妙手となるかもしれない。
少なくとも福田さんはそう考えたのでしょう。
ただ、それも自民党という団体の為の辞任であり、国民のほうを向いた決断ではないことも確か。政治に対する不信感がますます募る政争が始まる予感。

内の公明、外の民主との板ばさみで身動きが取れなくなりつつある自民党が今後どのような展開を見せるのか。
しかしこのような内憂外患に悩まされている原因の大本はといえば、自民の国民に対する求心力の欠如、もっといえば信頼感の欠如からきていることだと俺は思います。
だから本当は真に国民のほうを向いた政治をしていけば解決する問題だと思うんだよね。

個人的には与党の揚げ足取りに終始し国会運営の妨げしかできない野党に任せるよりはまだ自民に期待したいです。
2008/09/02 (火) 21:22:23 | URL | 白光 #-[ 編集]
アメリカの現地ニュースでは、日本の総理がまた辞めますた的なニュースしかないお。日本もアメリカを見習って2大政党に向かってます的なことをCNNのねーちゃんがほざいてましたが、まぁ特にビッグニュース的な扱いはされてませんですな。
2008/09/03 (水) 01:19:27 | URL | 少佐 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 少佐と仙道のマビ人狼ブログ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。