少佐と仙道のマビ人狼ブログ
まぁぶっちゃけ身内以外に公開する気ないし、製作者のオナニーなんで身内以外は見ないほうが良いよw
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あぁ神様お願い
変換 ~ P1000229列車の食事
変換 ~ P1000228列車内
変換 ~ P1000234博物館
変換 ~ P1000233博物館2

2009/7/11 午前
 チェンナイまではバンガロールから電車で向かう。インドの電車、特に特急はAC付きの電車に乗った方が良いというアドバイスを貰い、TAKTALという早めの電車をネットで予約しておいた。インドの電車は余裕で時間に遅れる上に指定席のダブルブッキングも多発するという話を聞いていたが、幸いそのようなこともなく、早朝6時発で予定より5分早い10:55には着いた。道中、飛行機のようにドリンクや軽食が無料で出たは新鮮だった。特に、vegとnon-vegを選べて、non-vegはソーセージなどが振舞われたのにも驚いた。チェンナイでは着くなりタクシーの乗らないか責めに会う。急ぎでもなかったが、しつこいのでチェンナイでの最初の目的地であるマドラス要塞に向かう。マドラス要塞は東インド会社がインド東海岸の貿易拠点としたところでもあり、欧州の列強との植民地争いをする軍事拠点としても利用されたそうだ。中の博物館はマイソールと同じようなインド人とイギリス人の絵画が飾ってあった他、イギリス軍が使った銃剣や鎧も飾ってあったのが印象的だった。中には中学生位の集団が多数おり、熱心にメモを取っていた。要塞の外壁はあまり見れなかったが、外壁沿いに溝彫りになっており日本の城を連想させた。
 一通り見学したあと、ホテルに向かう。チェンナイ市内でも有数のホテルだが一人あたり朝食付きで4000円しかしない。部屋は大都市の中心地にあるだけあってマイソールよりは狭かったが、清潔感は保たれていた。少し休んだ後、チェンナイに来た最大の目的である海鮮料理を食べにホテルの近くにあるシーフードレストランに向かう。
スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

copyright © 2006 少佐と仙道のマビ人狼ブログ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。