少佐と仙道のマビ人狼ブログ
まぁぶっちゃけ身内以外に公開する気ないし、製作者のオナニーなんで身内以外は見ないほうが良いよw
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
完全分業型社会
P1000206.jpg土管の中で遊ぶ子供達
MEMO0014.jpgバンガロールのモール

2009/7/10
 バンガロールのスーパーに行った時のことだった。缶詰の場所を店員聞いたら、それは自分の仕事じゃないと言われた。バスのドライバーは運転はするが、モギリはしない。自分の仕事は熱心にやるけどそれ以外の事はよっぽどの事がない限りしない。どうやらそんな風習が強いらしい。これはカーストによって職が決定し、他人の職を奪わないことで職業が成り立ってきたインド社会らしいと言えばらしいかもしれない。それぞれの職にある程度の尊厳があり、個々が自分の仕事に誇りを持つという特徴があるらしい。ITの発達も完全分業制による開発環境が功を奏したのかもしれない。だけど、職が多様化複雑化した現代社会においてはマイナスである部分も多く、ある種非常に合理的で、ある種非常に非合理的でもあるように感じた。
 ということで今週末はチェンナイ逝ってきます。
スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

copyright © 2006 少佐と仙道のマビ人狼ブログ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。