少佐と仙道のマビ人狼ブログ
まぁぶっちゃけ身内以外に公開する気ないし、製作者のオナニーなんで身内以外は見ないほうが良いよw
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マハラジャサンダー
P1000146.jpg
バンガロールで食べた日本食のランチ350ルピー

2009/6/13
 休日なのでバンガロールに出かける。インドではバンガロールが唯一先進国にいる気分になれる都市だ。目的は日本食と暇つぶし。マイソールとどっちに行くか迷ったが日本食の食べたさと所要時間の差でバンガロールに決定。目的のバンガロールの日本食レストランへ行く。中は木造チックに作ってありテーブルも掘りごたつ風。インドを忘れさせる作りになっている。日本食もメニューが豊富で天ぷらからしゃぶしゃぶまで何でも揃ってる感じ。聞くところによるとここはトヨタ関連の日本食レストランらしい。エビマヨと魚のフライを食べて次の目的地である競馬場に行く。
 競馬場と言うと一見治安が悪そうに感じるが、競馬は英国紳士のたしなみとしてインドに輸入されたものという背景からか、結構治安は良さそうに感じた。外人も結構いて、トムクール辺りではだれかに会うたびに振り返られる位どこに行っても脚光を浴びるのだが、ここでは誰も振り向かない。まぁ皆馬に夢中だからかも知れないが。折角競馬場に来たので2レース様子見をしたあと、100ルピー位で掛けてみる。インドでは枠がなく、馬単か馬連位しかないみたいだ。しかも馬やジョッキーはもちろん、オッズ票の見方も不明だったので馬券は名前買い。レジ係りに英語が通じにくく馬連のつもりが複勝になったらしく、外れたと思った馬券が当たってたなんてこともあった。なんだかんだで250ルピー勝って、競馬を堪能しマックでチキンバーガーを持ち帰りして帰路につく。マックはハンバーガー二つにポテトをつけても70ルピー(140円)位という安さだ。ただ、バンガロールでも富裕層しかいないエリアに1店舗しか存在しないが。

インドの競馬場
P1000149.jpg

P1000150.jpg
P1000153.jpg

P1000151.jpg

マックが入っている高級モール
P1000155.jpg
スポンサーサイト
copyright © 2006 少佐と仙道のマビ人狼ブログ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。