少佐と仙道のマビ人狼ブログ
まぁぶっちゃけ身内以外に公開する気ないし、製作者のオナニーなんで身内以外は見ないほうが良いよw
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「不安で心が押しつぶされる」…内定辞退を強要され
「不安で心が押しつぶされそうです」。新年度に再出発を期する人がいる一方で、就職が決まらないまま大学を卒業し、将来に希望を見いだせない若者も少なくない。採用が決まっていた企業から内定辞退を強要された関西在住の女性(22)もその一人。毎日新聞の取材に応じ、不安と怒りがあふれる胸中を明かした。企業は補償もしていない。女性は割り切れない思いを抱えながら、厳しさを増す就職戦線に再び挑む。

 3月まで関西の私立大の学生だった。接客の仕事がしたいと、07年末ごろからホテルや外食などサービス業を中心に就職活動を始めた。約60社の試験や面接を受け、昨年夏、大阪市内の和食チェーン店経営会社に内定。大好きな和服が仕事着であることに魅力を感じ、春からの新生活に夢を膨らませていた。

 暗転したのは昨年末。企業の採用担当者から電話で「業績が悪化した。グループ内の別会社に移ってほしい」と告げられた。しかしその後、企業から連絡は途絶え、女性が電話をしても担当者は出なくなった。

 両親にこれ以上金銭的な負担をかけられないと思い、就職先が決まらないまま女性は今春、大学を卒業した。4月1日はアパートの部屋で入社式のニュースを見た。これからは両親からの仕送りもない。

 アルバイトを探しながら就職活動を続ける。

 「企業は内定を取り消したことを謝ってほしい。そうでなければ前を向けない。次は安定したしっかりとした会社を見つける」と話した。

【日野行介】
以上4月4日毎日新聞より転載

 いざ社会人になって思ったことは、現在の日本の経済事情を鑑みるに、今年内定取り消しをされた人は本当に可愛そうだということ、自分がこうならずにすんで本当に良かったなと思うということです。
 就職活動を3年も行った身としては、就職活動は本当に辛いということです。名の知れた企業で正社員になるなんてほぼストレートに一流の大学を卒業しないとまず無理です。まぁ企業の状況にも左右されますが、ほとんどの親はそれを理解してるから、良い高校、良い大学に入れようとするんですね。新卒至上主義の日本ではドロップアウトした人たちはまず救われません。そんな中で最近この言葉を良く耳にします。【自己責任】です。
 確かに学生の立場で言えば、入社する企業は自分で選んだんだから、どのような扱いを受けようが、自己責任というのは妥当でしょう。しかし企業の立場からすれば、自社の戦力として選定した人間を学生側の不備無しに業績悪化を理由に一方的に契約を解除するのは【責任転嫁】だと私は考えます。
 もちろん、企業にとっても内定取り消しを行えば、会社名を晒されるなど社会的信用を失うリスクが高く、それでも現在働いている社員を守る為に内定を取り消さざるを得なかったという理論にも理解を示します。その意味では、日本総合地所などは誠実な対応をしたと思います。しかし上の記事のように企業側から学生を一方的に切り、謝罪すらないというのは、言語道断で、業績が悪化するのも当然という気がします。
 ただ、この学生の「安定したしっかりとした会社を見つける」という発言にも一抹の不安を覚えます。安定したしっかりとした会社なんて四季報見ればどんな馬鹿でも見つけられます。が、そこに入れるかどうかは完全に別の話です。厳しいですが、今の状況で就職活動を再開するより、職に直結する資格を取る方が遥かに生産的でしょう。このような学生と、今現在就職活動に苦しんでいる方々に心ばかりのエールを送ると共に、現実と自分を客観的に見つめなおすことの重要性を提して、末文とさせて頂きます。

以上



スポンサーサイト

テーマ:就職・転職・起業 - ジャンル:就職・お仕事

copyright © 2006 少佐と仙道のマビ人狼ブログ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。