少佐と仙道のマビ人狼ブログ
まぁぶっちゃけ身内以外に公開する気ないし、製作者のオナニーなんで身内以外は見ないほうが良いよw
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々にワロタ
中高生の頃、男同士が集まると盛り上がった自慰、すなわちオナニー話。でも、社会人になると、そんなに打ち解けた話を交わす相手や機会はめっきりと減ってしまう。つまり、就職し、30歳を過ぎ、男としての経験を積むほどに、自分のオナニーが正しいかどうかの判断基準を失っていくのだ。はたして、大人の男はオナニーとどう向かい合うべきなのか。日本のサブカルシーンを代表する知的オナニスト、みうらじゅん氏に真っ正面から聞いてみた。さらに、30~40歳代男性へのアンケートを実施。大人の男の正しいオナニーを検証する!


Q. 大人ってオナニー話できなくなりますよね?


A.え? そうなの? うちらの仲間にとって、飲み屋では当然のようにオナニー話がメインだな。むしろオナニー話一本槍とさえいっていい。友達と久しぶりに顔を合わせた時の挨拶も「最近してる?」ってのが普通でしょ。そもそも、オナニー話はちゃんとしないと友達になりにくいよね。



さすがtakifa、時代の先取りっつーか後取り。
オナニー話はやっぱ重要っすね、はい

あ、そういえばいつだったか、おしゃれな飲み屋でいつものようにオナニー話で盛り上がってたら、女を連れたサラリーマン風の男に「うるさい!」って怒られたことがあった。モテようとしてるヤツはオナニー話しないんだろうね。まあ、オナニーの話してるとモテないな。女の人にオナニー話なんて振ったら、いまどき下手すりゃセクハラだもん。でも、四六時中モテようと考えてるのは不健康だよ。

酒場での話といえば、うちらより上の世代ではセックスの話がメインだったんじゃないかな。でも、セックスは相手があることでしょ。誰とやったとか、あいつはこうだったとか。いつしか誰かの悪口になっちゃうんだよ。オナニーには悪口なし。世の中の男性はもっと健康的にオナニー話を活用して、わかりあえる友達を増やすべきだね。


スポンサーサイト
copyright © 2006 少佐と仙道のマビ人狼ブログ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。