少佐と仙道のマビ人狼ブログ
まぁぶっちゃけ身内以外に公開する気ないし、製作者のオナニーなんで身内以外は見ないほうが良いよw
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メディアと犯罪


 先週京都で起きた16才少女が斧で父親を殺害した事件との関連性が一部マスコミに指摘されひぐらしの鳴くころに解とスクールデイズが放送中止になりますた。関連性と言っても、16才少女の部屋からスクールデイズやひぐらしのゲームやDVDが発見された訳でもなく、アニメのTV放送を見ていたという根拠もありません。なのに何故未成年が犯罪を起こすとこういうアニメやゲームの影響にされるのか。正直こんな理不尽な理由はないと俺は思います。そもそも、殺人描写や犯罪行為を行っているアニメ自体は沢山あり、ひぐらしやスクールデイズだけが槍玉に挙げられるがおかしいというのがあります。まぁこれは現在放送中のアニメで描写が残酷なのが多いというのはありますが、そもそも深夜枠だし(;^ω^)まぁ一応放送側の自粛という形での放送中止なのでこれは良いとしても、なぜ一部マスコミはアニメとゲームの悪影響ばかりをアピールするのか。まず考えられる理由としてはニュースの主な視聴者子供達の親がそれを望んでいるというのが1点。アニメやゲームが映画や文庫本並の文化作品的地位を得たら子供に対するこれらの制御をしにくくなるので悪影響を出来るだけ大げさにしたいという心理がマスコミ側と視聴者側にあるのではないっすかね。
 あと、この少女がなぜ父親を殺したのかっていう点にほとんど触れてない点も気になります。そういう子供達が反逆する理由みたいのを親やマスコミにとって都合の良い方へ責任を押し付けるみたいな風潮が俺は今のマスコミに対して遺憾を感じます。
 もちろん、マスコミが社会への悪影響を考慮してあえて放送をしないことってのは多々ありますが、今回のこれは模倣犯と呼べるレベルでもないし、ひぐらしなんかは問題解決としての殺人は決して正しくないと作品内で主張しているのに、作品の良い所を全く無視するのは本当に日本のアニメやゲームに対する意識の問題だと思います。
スポンサーサイト

テーマ:社会ニュース - ジャンル:ニュース

copyright © 2006 少佐と仙道のマビ人狼ブログ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。