少佐と仙道のマビ人狼ブログ
まぁぶっちゃけ身内以外に公開する気ないし、製作者のオナニーなんで身内以外は見ないほうが良いよw
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちら群青学園放送部


『痛車はありませんか?』



20070818-00000920-san-soci-thum-000.jpg


 オタクの祭典として知られる「コミックマーケット72」が17日から3日間の日程で、東京・有明の東京ビッグサイトで開催されている。多くの参加者がアニメや漫画に対する愛情を同人誌やコスプレなどで表現する一方で、会場付近の駐車場には美少女キャラで彩られた自動車やバイクが全国から集結し、注目を集めている。

 一般に「痛車(いたしゃ)」と呼ばれるこれらのデコレーション文化は、最近では車やバイクに限らずバスや自転車にまで広がっており、今年4月には専門誌「痛車ろーど」(ソフトバンククリエイティブ、1200円)も出版されるほどの流行ぶりだ。痛車を1年ほど前に始めたという横浜市の男子大学生(21)は「アニメが好きで、人々の注目を集めたい。今回のデコレーションでは車のカラーとアニメ『灼眼のシャナ』のキャラが絶妙にマッチした」と痛車の楽しみを語る。

 痛車オーナーらの話によると、キャラを印刷したカッティングシールを貼り付けるのが主流。中には数百万円の改造費用を掛ける人も存在するが、人気アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」のキャラで埋め尽くした痛車に乗って長野県から来た男性会社員(30)によると、「専門業者に注文したシールプリント料は全部で2万円ほど」と良心的な額だ。

 気になるのは痛車オーナーの日常生活だが、埼玉県蕨市の男性会社員(21)は痛車を通勤や買い物にも使用しているという。周囲の評判を訊ねると「迷惑は掛けていないからか、特に何も言われませんね」と笑っていた。

以上ヤフトピから転載


 良いよね、痛車。神奈川でも公道を走るとたまに見かけます。俺が見た痛車の中で印象に残ってるのは、一番最近(つーても二年位まですが)見た痛車っすね。SFCから家に帰る時に良く使う道で、人気のない山道をちょろっと走るんですが、そこでの出来事ですた。

 山道を上りきったところあたりにちょうど信号があって、信号は赤だったのでそこで当時の愛車フェアレディZで頭文字Dの軽快なユーロビートを爆音で流しておりますた。やはり月夜にはユーロビートだろとか思ってた矢先、横にTOYOTA AE86 TRUENO(リトラタクルブルライト)が止まりまして同じようなユーロビートを爆音で流してる訳なんすわ。ふと横をみるとドアのところに『藤原豆腐店』と印刷がw横でアクセルガンガンふかしてきたので「おやおや〔゚Д゚〕」とか思ってましたら、信号が青になった瞬間もの凄い勢いで山道を下っていきましたとさ。
 んまぁZだったんでノンターボとはいえ直線では負ける気がしなかった群青学園放送部であります。いまやプリウスになってだいぶ落ち着いたドライブになってしまった反面、やや寂しさも感じる今日この頃であった。
 P.S.痛車にスポーツカーが多いのはなんでだろうね
 
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

copyright © 2006 少佐と仙道のマビ人狼ブログ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。