少佐と仙道のマビ人狼ブログ
まぁぶっちゃけ身内以外に公開する気ないし、製作者のオナニーなんで身内以外は見ないほうが良いよw
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日もきっと晴レハレ愉快
20060911org00m200081000p_size6.jpg


アニメ化の企画がスタートしたのは04年。角川書店側が、ハルヒと同じライトノベル原作の「フルメタル・パニック!」シリーズ(賀東招二作、富士見書房)のアニメ化でファンからも高い評価を受けていた京都アニメーションに制作を依頼した。

 ストーリーがしっかりしていて、キャラクターの造形もイラストで描かれているライトノベルは、アニメ化も簡単そうに思われるが、実際に映像化すると「原作と違う」と違和感を持つファンも多いという。京都アニメーションでは、石原立也監督らメーンスタッフがまず徹底的に原作を読み込む作業からスタートした。シリーズ演出の山本寛さんは元々原作のファンだったが、「キョンの一人称で進む物語や複雑に絡み合った設定など活字を読んで面白いものを、面白く映像化するのは難しい」と感じながら、「だからこそ闘志が沸いた」と振り返る。

 同社の八田英明社長の「脚本が成功すればこのアニメの7割は成功したのも同然」という持論に基づき脚本作りに力が注がれた。「フルメタル・パニック!」のアニメ化で、原作者の賀東さんが脚本作りに参加して成功した経験から05年4月、谷川さんや角川書店の担当編集者、スタッフを集め、滋賀県の琵琶湖畔の旅館で2泊3日のシナリオ合宿が行われた。

 合宿では、原作からアニメ化するエピソードを選び、その放送順を決めるシリーズ構成に最大の時間が費やされた。石原監督の「先の展開を知っている原作のファンにもアニメを純粋に楽しんで欲しい」という考えから、全14話のタイトルを書いたボードを並べて、入れ替えながら議論が繰り返され、ストーリーの時系列を無視して、バラバラに放送するという構成が決定した。

 山本さんは「僕は31歳ですが、若いころに『新世紀エヴァンゲリオン』でアニメーションが世の中にムーブメントを巻き起こすのを目撃し、アニメーターとして一度はこうした“お祭り型コンテンツ”をやってみたかった」と話す。オープニングで「超監督 涼宮ハルヒ」や「シリーズ構成 涼宮ハルヒと愉快な仲間たち」とクレジットしたり、SOS団製作の自主映画をそのまま見せるという第1話のアイデアなど、「ハルヒが監督だったらどうアニメ化するかをまず考えた。楽しいこと、おかしなことが大好きなハルヒなら、まずは見ている人の度肝を抜こうとするのでは」と、遊び心が至るところに散りばめられた作品となった。

■涼宮ハルヒの“爆発”

 そんな遊び心は、インターネットを使ったプロモーションにも表れている。ハルヒは、UHF局の放送だったため、地域ごとに放送日や時間がバラバラだったが、その分ファンのブログを中心にインターネット上で情報や議論が飛び交った。

 さらに公式サイトは、物語に登場するSOS団のホームページをそのまま再現したもので、ストーリーとも連動。ハルヒが偶然ホームページに使ったSOS団のロゴが不思議な現象を生み出し、急激にアクセスが上がってしまうという第7話「ミステリックサイン」の放送週には、実際にアクセスカウンターを急上昇させるなど、ファンが喜びそうな演出があふれ、ネットでの注目度を高めていった。

 ヤフーの「ブログ検索」では、「涼宮ハルヒ」の検索数が、4月1日時点の18件から放送開始直後の4月4日には186件に急増。放送終了直後の7月3日には1944件と約1000倍になった。角川書店の宣伝担当者も「サイトの運営者も作品をしっかり理解してくれていて、次々とアイデアを出してくれた」と成功の理由を語る。

 話題の広がりとともに、関連商品も相次いでブレークした。原作本は、放送開始後の5月には各地の書店で売り切れが続出。ネット書店のアマゾンでも1~7巻すべてがランキングのトップ10入りするなど、累計発行部数は280万部を超え、コミックス(ツガノガク画、1~2巻)も80万部というベストセラーとなった。

 また、ハルヒ役の声優・平野綾さんが歌うオープニングテーマ「冒険でしょでしょ?」が4月26日の初登場でオリコンチャート10位。みくる役の後藤邑子さんと有希役の茅原実里さんを加えた3人娘のエンディングテーマ「ハレ晴レユカイ」(5月10日発売)と3人の劇中歌をまとめた「涼宮ハルヒの詰合」(6月21日発売)はいずれも5位にチャートインする大ヒット。6月23日に発売されたアニメのDVD第1巻は即日完売で、通常1万本売れればヒットとされるアニメのDVDでは異例の4万9000枚を出荷し、中古店では1万円以上の高値が付けられる事態がいまだに続いている。

■涼宮ハルヒの“再開?”

 角川書店出版事業部の安田猛メディア部長は「正直、ここまで来るとは思わなかった」と驚きを隠せない様子だ。続編を希望する声には「まだ予定してはいませんが、どうでしょう? ファンの皆さんの想像にお任せします」と含みを持たせる。山本さんも「僕の立場はキョンに近い。つまり、ハルヒに巻き込まれる人ということ。何かがきっかけになってハルヒの後押しによる“もう一度”があるかもしれない」と話す。

 ハルヒの望み通りに世界が変わっていくという原作の展開が現実世界にも飛び火したかのような大ヒット。SOS団のネーミング同様、涼宮ハルヒは「世界を大いに盛り上げ」ながら、唯我独尊、傍若無人に突っ走り続けていくのは間違いなさそうだ。

以上毎日インタラクティブより転載


だそうですが、どうですかね。白光が京アニの中でも良い作品作ってる優秀なスタッフは限られてるとかいう話だったので、製作者サイドをちとチェキってみましたよ。まぁハルヒ続編は早くても来年になるでしょうが、フルメタの続編を早く出して下さいよ、京アニさんwww
NHKにようこそがマドリ過ぎてテラウザスwwwwww



テーマ:ゲーム、アニメ、その他 - ジャンル:ニュース

copyright © 2006 少佐と仙道のマビ人狼ブログ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。