少佐と仙道のマビ人狼ブログ
まぁぶっちゃけ身内以外に公開する気ないし、製作者のオナニーなんで身内以外は見ないほうが良いよw
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次世代感や既存ソフト対応じゃない、インターフェースなんだ!
sk_wii.jpg


 任天堂は9月14日、据え置き型の新ゲーム機「Wii」を12月2日に国内発売すると発表した。価格は2万5000円(税込み)。

 同時発売のゲームソフトは「ゼルダの伝説」など10社16タイトル。ダウンロードで過去の作品が楽しめる「バーチャルコンソール」は、ファミコンソフトが500円程度、スーパーファミコン800円程度など。

 次世代ゲーム機では、ソニー・コンピュータエンタテインメントが11月11日に国内発売する「PLAYSTATION 3」が6万2790円(同)、マイクロソフトが11月2日に発売する「Xbox 360」の廉価版が2万9800円(同)。Wiiの価格は2社の製品を下回る。

以上ITmedia newsより抜粋

前々からPS3は負けハードになるだろうと思っていましたが、これでPS3は負けハードほぼ確定ですね。前回はトップシェアであったPSの後継機として前作のソフトも遊べ、需要が拡大化してたDVDプレーヤーも丸めこんだことで成功しましたが、今回はBDもまだ需要はほとんどないし(BD自体は次世代主流規格となるだろうけど)ユビキタスをもたらすと言われるcellとやらもいまいち不明瞭でピンとこないし。分かりやすい利点としては無線LAN対応と処理速度、映像描写力の向上ですがこれらが上がっても面白いゲームが出来るとは限らない。むしろDSとPSPを分けた最も大きな違いとしてのソフトのアイディアを生み出すインターフェースというのが非常に大きな差異になるかと思います。PS3は既存の延長線上ですが、Wiiはがらりとインターフェースを変えてきました。ましてや値段も2倍以上違う。この違いはどう出るでしょうかね。
スポンサーサイト

テーマ:任天堂 - ジャンル:ゲーム

copyright © 2006 少佐と仙道のマビ人狼ブログ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。