少佐と仙道のマビ人狼ブログ
まぁぶっちゃけ身内以外に公開する気ないし、製作者のオナニーなんで身内以外は見ないほうが良いよw
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Solid State Society meets Nissan
hi_ni11.jpg



日産自動車はプロダクション・アイジーの最新作「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society」に同社のコンセプトカーが登場することを記念しての特別展示「攻殻機動隊 S.A.C meets NISSAN」を8月5日より14日まで東京・銀座の日産ギャラリーで開催する。

 会場では作中に登場するコンセプトカー「コンセプトスポーツ」のほか、作品に関する各種の資料が展示される。開始に先駆けて行われたイベントでは、プロダクション・アイジーの代表取締役社長 石井光久氏や、監督を務めた神山健治氏らが登場した。

 「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society」はシリーズ2年ぶりの最新作。西暦2034年、メンバーも大幅に入れ替わった公安9課に数々の難事件が降りかかる。捜査の結果、「傀儡廻」と呼ばれるハッカーの存在が明らかになるが……というストーリー。

劇中に登場する日産のコンセプトカーは「スポーツコンセプト」と、インフィニティ「クラーザ」の2車種(今回の特別展示では、スポーツコンセプトのみが展示)。自動車メーカーがこのような形でアニメーション作品に参加すること自体、あまり例のないことだが、単に車体が登場するというレベルではなく、テールランプの造形やイグニッションキーを回した際の各ランプの点灯順など、非常に細かなところまで、映像に反映されているという。

「日産とプロダクション・アイジー、両社の若手や中堅クリエイターたちの交流でこのような画期的なコラボレーションが実現したのを嬉しく思います。日本のアニメはアートとしての国際的な評価も高いですが、作中のコンセプトカーの描写も素晴らしいですね。作品を通じて、普段とは違った世界観で日産ブランドが広まることを期待します」(日産自動車 常務執行役員 チーフクリエイティブオフィサー 中村史郎氏)

以上ITmedia Newsから抜粋


「課長、私もやっと公安9課に戻る気になったわ」
「今まで何をしておったのだ」
「組織に属していては対処できない事件って奴に個人的に関与してた訳。でも、組織での対処への限界を感じて9課を抜けたのにいざ独りになるとやはりそこでも限界を感じてしまう。人間のジレンマってやつかしら」
「なるほど、お前が戻ってくるというのなら拒む理由はないが、
しかしお前が戻ってくることによってトグサの成長の妨げにならなければ良いが」
「その点は問題ないでしょ。だって彼はギルド創設に必要な頭数を満たす為だけの捨てキャラだし」
「まぁその通りだな」
「それで、上の記事だけども、先日からスカパーで放送している私達の
最新作の試みを紹介したって訳」
「なるほど、確かに今や宣伝メディアはアバターやゲームの中にまで
浸透している位じゃからな。アニメとコラボレーションも当然か」
「えぇ、HDRの登場でかなりTVCMの価値は下がる一方だし、これから
需要は増えていくでしょうね」


熱砂のダンジョン
終わらないMPK
中華の大量垢取得
次回少佐と仙道のマビ人狼ブログ第26話
「エロフの村」
あなたは信じられますか?
スポンサーサイト
copyright © 2006 少佐と仙道のマビ人狼ブログ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。